HOME>アーカイブ>いざというときに慌てないためにも葬儀は事前準備が必要

葬儀場はどうやって選ぶといい?

葬儀場は横浜には多数あります。規模や予算、オプションを含めた内容、日程そして場所から選んでいきましょう。

葬儀を行う前に準備をしておくこと

遺族の代表者となる喪主を決める

喪主は、葬儀を取りまとめる役目を行う代表者です。一般的には、故人の配偶者や子供、両親・兄弟姉妹といった縁が深いかたが務めます。

すみやかに死亡届を提出する

死亡届は死亡の事実を知った日から7日以内に提出する必要があります。火葬許可証を受け取るためにすぐ提出します。

どこで葬儀を行うかを決める

どこで葬儀を行うかによって葬儀社選びが決まります。

信仰だけでなく、宗教や宗旨宗派を確認

日本での葬儀の多くが仏式ですが、仏教には宗旨宗派があります。

最近は生前決めておくこともある遺影

遺影用の写真を選びますが、最近は生前自ら選んでいるかたもいらっしゃいます。

家族葬が増えた理由

花

時代の流れから形が変わって来るものがたくさんあります。お葬式も、昭和の時代に活きた人などから見ると大きく変わったものと映るのではないでしょうか。お葬式も家族葬と言われる葬儀が多くなっており、以前から行われて来た一般葬を行う人が少なくなっていると言われます。しかしこれらの違いは人の数だけで、葬儀の内容に関しては変わっていないことになります。家族葬が増えた理由の一つにあるのが高齢化社会になったことで、葬儀への負担を軽くしたいと考える人が多くなったことや親子で住む地域が遠くなり、葬儀にかける時間もない人が多いと思われます。簡素に行いたいと言う心配りも、横浜での家族葬が増えた理由なのでしょう。

親しかった人への対応も

数珠

親子が別々に住む時代になり、葬儀も宗教的な意味合いが薄くなって来たとも言われます。元々無宗教の人が多いことから、檀家にならない人が増えているのも事実で、葬儀一切を葬儀社に任すと言う人も多くなりました。家族葬が増えた理由には、親子が別々に暮らすことが多くなったことで、最後の別れをゆっくりと過ごしたいと言うことも考えられています。親子が離れて住むことで親孝行が出来ないまま葬儀を出すことへの寂さも、家族だけの時間を作りたいと考えるのかも知れません。しかしいくら横浜で行う家族葬とは言え、故人が親しくして来た人には連絡だけは入れるようにするべきです。葬儀の形を報告するだけでも、親しくしていた人も納得出来ることになるからです。

広告募集中